講師紹介
宇高 通成 先生 Udaka Michishige    


シテ方金剛流能楽師重要無形文化財総合指定保特者であり、能面制作も手掛けている。
金剛宗家・二世金剛巌師に師事。
宇会会長、景雲会・面乃会主宰。金剛会副理事長。日本能楽会会員。

1947年 松山藩世襲家能太夫の家系に生まれる
1970年 10年余りの金剛宗家内弟子修行を終える
1985年 国際能楽研究会(INI)創立
1986年 日米文化交流の会・能楽公演団長
1991年 初世宇六兵衛喜太夫追善能を開催し松山藩世襲家能役者宇家七世を継承
1997年 明治まで続いた松山稽古舞台を再興
2001年 新作能,正岡子規没後百年記念『子規』,世界平和祈願『原子雲』,高知県立美術館開館10周年記念『龍馬』を初演
    能面作家として面乃会を主宰
2003年 能の大曲十番に挑む新たな試み「三輪清浄」を東京・国立能楽堂でスタート
2007年 世界遺産・厳島神社・御神能にて『翁付・高砂』を宇高家として260年振りに奉納上演する
文化庁国際文化交流事業に採択され,パリ日本文化会館.ドレスデン国立劇場.R.B.B.ベルリン放送会館にて,
それぞれ「高砂」「葵上」「船弁慶」「祈り(原子雲)を公演し,また,五十点余の能面をパリとベルリンで展示した

また、坂本龍馬の海援隊を指導した河田小龍の曾孫として、父、隨生の「幕末における研究」を受け継ぐ。
外国人を含む20名の師範を育成、その内九名が能楽協会員(プロ)として活躍するなど、指導体制が充実している。